メニュー

無駄毛の自己処理を続けると、肌はボロボロに

どんな方法をとっても

無駄毛の自己処理が必要な人は、10代になる前からやっていることでしょう。体毛が薄く、わき毛すら生えない人もいる一方で、体毛が濃い人の悩みは深いものです。表向きは、体毛が薄い人の状態が当たり前という風潮に万事なっていますが、体毛が濃い人は、常に一定数います。そうした人々は体毛が薄い人の状態に近づくべく、子どもの頃からあれこれ試すわけですが、どの方法をとっても、肌を傷めます。十年以上もそうしたことを続けていると、肌はボロボロになりがちです。

カミソリ、テープ、除毛クリーム

カミソリで剃る方法が最も一般的でしょうが、剃ったところで翌朝には毛の断面が頭を出してくるわけです。そのまま皮膚表面で巻き毛や埋もれ毛になってしまうこともあります。カミソリで皮膚の表面もそいでしまうため、そこにメラニン色素が集まりやすくもなります。効果もないし、デメリットばかりの方法です。脱毛テープや脱毛ワックスは、数日間から十日くらいはきれいな肌を保てますが、やはり肌の角質をはがしてしまいます。除毛クリームは成分が肌を傷めますし、翌日にはまた毛が生えてきます。

家庭用の脱毛機器なら

家庭用の脱毛機器なら、肌をそれほど傷めずに済み、毛根から抜けることもあるので、毛が翌日に生えてくるようなこともあまりありません。ただ、十日くらいして、また毛が生え始めると、短い状態の毛は脱毛機器ではどうすることもできないので、方法がありません。ある程度の長さになれば、また脱毛機器で処理できますが、そうなるまで放置しておけるかどうかですね。肌の露出がその間必要になると、なかなか難しいでしょう。結局は医療脱毛しか、解決策はないんでしょうね。

医療脱毛では、医師による施術が受けられるため、エステサロンでの施術よりも安心感がある他、優れた効果も期待できます。

医療脱毛なら東京はココ