メニュー

正しいスキンケアの知識とテクニックが大切です

賢いケアを身につけましょう

成熟した女性の美容上の悩みといえば、まずなんといっても〃しわ〃があげられます。確かにしわは、どうしても逃れられない老化の一つのあらわれではあります。また、〃しわは人生の年輪〃という言葉が示すように、豊かな人生経験と深い人間性の象徴ともいえます。しかし、少ないのに越したことはありませんし、出来ることなら減らしたいというのが、誰もがの願いでしょう。それでいて、実は、わざわざしわを増やしかねないお手入れをしている方や、つくらなくてもいいしわをつくってしまう方が以外に多いのです。さまざまな化粧品や美容剤に飛びつく前に、日常のお手入れ法をしっかり見直していただきたいものです。

お手入れを始める前に

肌の状態は毎日変わります。しかも部分によって乾燥していたり油っぽかったりと、混合状態である場合がほとんどです。ですからスキンケアも、乾燥している部分には水分を補給し、油っぽいところには油分を補わないといったきめこまやかなケアが必要になってきます。そこでぜひ習慣づけていただきたいのが1分間の肌チェックです。このチェックは1日3回、朝・昼・晩と鏡を見て行います。一とおり目でチェックしたら、こんどは人指し指で肌にふれ、状態をよく把握します。

1日3回、1分間のフェイスチックを

朝は、洗顔する前に、テカテカと脂っぽい部分はないか、カサカサと乾燥しているのはどのあたりか、また肌がくすんでいるところはないか、などをよくチェックしてください。そして洗顔をしたあとは、しばらく化粧品をつけず、どの部分に突っ張り感が生じるかを確認します。突っ張り感が出るのは乾燥しやすい部分ですから、これは重要なポイントになります。昼は、朝つけたファンデーションがどのように変化しているのかを確認します。表情ジワの部分にファンデーションがよれていたり、おでこや鼻のあたりがテカテカ光って化粧くずれしていることが多いもの。また乾燥している部分では、そこだけ粉っぽくなったり、こまかい縦ジワができたりします。夜は、メイクを落としてお手入れするときにチェックします。1日じゅうメイクをして疲れた肌には、乾燥したり、油っぽい部分が目立ってきます。乾燥肌の人でもオイリーな部分があるもの、スキンケアは部分ごとに変えるのが基本です。

しわの治療に関心があるならば、徹底的に情報収集を行いましょう。カウンセリングの有無や施術の評判について、口コミサイトで調べる方法は最適です。